良い不動産物件に出会う為に調べておくと便利な事とは?

ここに注意!良い不動産さんを見分けるコツ!

店のガラスに貼ってある広告から判断しよう!

賃貸や住宅の購入など、不動産業者にお世話になることは長い人生の中で多々あります。そんなとき、どうしたら、良い不動産業者を見つけることが出来るのでしょうか? ここでは、不動産業者の店内に入ってみた際に、チェックしたほうが良い点を調べてみましょう。

大切な営業マン

物件を見ていくときに、実際担当してくれるのは、その不動産屋さんの営業の方になりますね? 良い営業マンと出会うことが良い物件を探す上で、とても大切になってくるようです。 どんな営業マンが「良い」と言えるのでしょうか?このページでは営業マンについて調べてみました。

大規模不動産業者と小規模不動産業者

現在は、日本全国に拠点を持つ大型不動産業者も増えてきました。しかし、地元に密着した小規模な不動産屋さんも健在です。 このページでは、それぞれの特色を調べ、どのようなメリットデメリットがあるか調べてみました。 不動産屋さんを決める際のご参考になさってください。

店内の様子から判断する。

不動産屋さんに行くと、物件の広告がガラス窓に貼られていたりします。
そういった広告を見て、良い不動産屋さんかどうか判断することが出来ます。
不動産広告は「宅地建物取引業法」(国土交通省)と「不当景品類及び不当表示防止法」(消費者庁)によって、一定のルールが定められています。

その法律では「完全」など人によって評価が違う事柄を、「完璧」や「絶対」などの言葉を用いて広告することや、「最高」などの最も良いものだと思わせるような言葉を使うことは禁止されています。「格安」や「日本一」など、の言葉もそれに当てはまります。
堂々と、そういった言葉を広告に出している不動産業者は、あまり良い不動産業者とは言えません。

また、とても条件の良い物件ばかり、とてもありえないようなお得物件が表示されている不動産業者も、それが「おとり」物件の可能性がありますので、気を付けたほうが良いようです。
「おとり」物件とは、条件の良い物件でお客さんを引き付けておき、実際にその物件を問い合わせると、「もうない。」と言われ、それとは異なったあまり良くない物件を勧められるといった方法のことです。

昔は、そういった不動産業者も多くありました。現在は減ってきているとはいえ、今でもそのような不動産業者があります。
希望した物件も結局案内してもらえないことから、あまりにも条件の良すぎる物件などは注意したほうがいいでしょう。
また、店舗に入ってみなくても、外から見れる広告でその不動産業者がどのようなものか分かるので、気を付けておきたいポイントです。