大規模不動産業者と小規模不動産業者

大手の不動産業者

前述しましたように、今では、全国規模で展開している大手の不動産業者も数多くあります。
そのような会社は、取り扱っている物件数も多く、魅力的ですね。インターネットなどで、調べるとすぐ物件が写真付きで見ることが出来ます。

また、店舗も駅に近い場所にあったり、駐車場も完備されていたりして、利便性も良いです。
そういった大手は、社員の接客にもある程度の質が保証されていると思います。

しかし、自分の要望を聞いてもらいたい…など、大家さんとの交渉が必要な場合は、柔軟に対応してもらえない場合があります。
何か大家さんと話し合って決めたい事柄がある場合は、小規模でも地元に根差した不動産業者を当たってみたほうが良いようです。

地元に密着した不動産業者

小規模でも、地元に根差した不動産業者は、その地域の特性を良く知っていて、買い物や交通などいろいろなアドバイスを聞けるチャンスがあります。
取り扱っている物件数は大手の不動産会社に比べて、少ないですが、大家さんと知り合いの会社も多く、色々な点で融通を聞かせてくれる可能性があります。

また、その地域を知る人にしか分からない、お得物件を扱っていることが多いのもこういった地元密着型の不動産会社です。

ただ、デメリットとしては、物件数が限られてしまうことや、お店によって接客のサービスの質に差があることが挙げられます。

ただ、大家さんと直接交渉してくれる場合も多く、なにか都合があって大家さんと相談したい事柄があるときには、こういった不動産屋さんの方が、受け入れてくれる可能性が高いでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ